HOME > 活用テクニック > 無駄なアクセス、キーワードを除外する

活用テクニック

無駄なアクセス、キーワードを除外する

オーバーチュアやアドワーズの中級者になると「除外キーワードの活用」を行う必要性を感じてくるようです。

除外キーワードとは、アクセス分析を行い「明らかに問合せに結びつかない」と思われるキーワードをあらかじめ排除し、無駄なコストを抑える方法です。この除外キーワードを活用することにより、クリックするユーザーの質を上げる効果も期待できます。

例えば、神奈川県の不動産会社が「不動産」というキーワードでオーバーチュアを出稿した際、きっと「沖縄のお客様から問合せが来ても・・・」というケースもあるでしょう。

その場合は、あらかじめ「沖縄 不動産」「北海道 不動産」などのキーワードを除外してしまうことができます。

私たちも「ホームページ制作」などでオーバーチュアを出稿する際は「北海道 ホームページ制作」「沖縄 ホームページ制作」を除外しています。

これらはオーバーチュアやアドワーズの管理画面で操作することで除外キーワードの設定をすることができます。

もちろん「そんな面倒なことはできないし、したくない」というお客様もおります、
そこで・・・

YAHOO!リスティング広告代理店、レスポンスの方針

除外キーワードの設定は、全てレスポンスで代行をいたします。またオーバーチュアのシステムには「地域ターゲティング」という機能があり、システムで配信する地域を限定させることも可能です。
また「見出し」「説明文」などのキャッチコピーの作り方でも「そのエリア外のお客様にはクリックさせない方法」があります。詳細は「キャッチコピー作成術」をご覧ください。

次回のコラムでは、「高騰キーワード」についてご説明します。

ページの先頭へ