HOME > 活用テクニック > エリア系キーワードって?

活用テクニック

エリア系キーワードって?

エリア系キーワードとは、例えば「不動産 神奈川」「レストラン 六本木」など「サービス名称」+「エリア」の組み合わせキーワードのことです。
このようなタイプに該当するサービスといえば下記のものが思い浮かびます。

■飲食店 ■ショップ ■不動産、法律事務所
■美容院 ■病院 ■リフォーム、工務店

そう、タウンページの常連さんですね。つまり「地域性が高いサービス」、裏を返せば「商圏が狭いサービス」です。なお、掲載に当たっては次の2つの点に注意をする必要があります。

(1)ある特定の場所にお客様が来ないと成立しないサービス
(2)そもそも単一キーワードと比較すると検索している人が少ない

まず(1)ですが、実際に弊社の顧客サイト等で検証した結果、通販ビジネスや法人向けビジネスと比較すると、費用対効果が劣るケースが多い、というデータが出ています。

それだけ周到な準備をしノウハウを駆使しなくては、思ったほどの効果が出ない、ということになりかねません。

次に(2)ですが、例えば下記のキーワードの検索件数を比較した際、実に4000倍以上もの差が生じています。

「不動産」 ⇒約83万件
「不動産会社 神奈川」 ⇒約200件

従って、ある期間で一定のアクセス数を得る、という明確な目的がある場合に、エリア系キーワードだけでは、期待するクリック数が得られない、という問題があります。ただ、神奈川に住んでいる方からのクリックだけでいいという場合には、お薦めします。

「エリア系キーワードを出すべきかどうか」
「出す際は、キーワードを教えて欲しい」そういった場合は・・・

YAHOO!リスティング広告代理店、レスポンスの方針

貴社が「エリア系キーワード」にマッチするかどうか、マッチする際はどのキーワードで出せばよいか、全て調査しご提案をしております。

次回のコラムでは「除外キーワード」についてご説明します。
無駄なアクセス、キーワードを除外する

ページの先頭へ