HOME > 活用テクニック > 問合せを増やす鉄則

活用テクニック

問合せを増やす鉄則

問合せを増やす鉄則3か条

これまで「アクセスは相当あるのに問合せが入らない」という企業ホームページを数多く診断し、治療を行ってきました。そしてその多くは、以下の「3つの鉄則」の通りにホームページをリニューアルすることで一気に問合せが増えています。

  • 鉄則1 アクセス数をひたすら増やす。
  • 鉄則2 情報をひたすら充実させる
  • 鉄則3 ホームページを見やすくする

ホームページのリニューアル時に「見た目のデザイン」の変更だけにこだわる企業が後を絶ちませんが、結論から言えば「問合せ増にはさほど影響を及ぼさない」ことがわかっています。

「なぜユーザーはそのホームページを訪れたのか?」「そこで何を求めているのか?」。こういった商売では当たり前のことをきちんと考えたホームページが最後には成功しているのです。

問合せ増に必須の「情報」とは

まず貴社ホームページに「問合せ増に必要な情報」があるのか?ないのか?を簡単に調べる方法をお伝えしましょう。

100~200アクセスに対して、1件以上の問合せが入るかどうか調べる

たったこれだけです。問合せ数÷アクセス数の平均値が0.5〜1%であれば「優秀なホームページ」といえます。つまり十分な情報が含まれているに違いない、という見方ができるのです。

逆にこの平均値より低い場合、まずホームページ自体に欠陥がないかどうかを疑ってみましょう。なお、想定されるものは下記の通りです。

想定される問題点の例

  • ■ サービスに関する情報が少ない
  • ■ 料金、申込方法がわからない
  • ■ 専用の問合せフォームでなく、OutlookExpressなどのメーラーしかない
  • ■ 問合せフォームに入力させる項目が多すぎる
  • ■ 電話番号が記載されていない
  • ■ トップページが全面フラッシュ(動く素材)で制作されている
  • ■ ページ構成が悪く、欲しい情報がなかなか見つからない(ユーザービリティが悪い)
  • ■ メニュー(ナビゲーション)のしくみに欠陥がある

もちろん商品の良し悪し、価格、競合状況によってもこの数字は左右されます。しかし、「問合せが増えない」と悩む企業様のホームページでは、このいずれかの問題点を解消した瞬間に「問合せが一気に増える」ケースが実証できています。

YAHOO!リスティング広告代理店、レスポンスの方針

レスポンスでは、オーバーチュアの運用のみではなく「ホームページの中身」に対しても改善点などアドバイスしております。いくらオーバーチュアに予算をつぎ込んでも、ホームページの中身自体に問題があれば、問合せには繋がりません! ホームページ制作事業も行っているレスポンスにお任せいただければ、高性能なアクセス解析ツールを設置し、常にアクセス解析をしながら改善、検証のご提案をさせていただきます。

次回のコラムでは、「サイト内に入れる情報」についてご説明いたします。

ページの先頭へ