HOME > 活用テクニック > 限られた文字数で大丈夫?

活用テクニック

限られた文字数で大丈夫?

オーバーチュアはキャッチコピーにあたる「見出し」と「説明文」には、書ける文字数が決まっています。

見出し 15文字以内
説明文 33文字以内

Yahoo検索画面

問題は、たったこれだけの文字数で、ユーザーにクリックしたいと思わせなければならないことです。

一般的に広告は「キャッチコピー」が重要だとされます。
もちろんオーバーチュアもアドワーズも例外ではありません。
「見出し」「説明文」のつけ方ひとつでクリック率が数パーセントから一気に20%に、ということも珍しい話ではありません。

ではどんな「見出し」「説明文」ならクリックされやすいのでしょうか?

YAHOO!リスティング広告代理店、レスポンスの方針

貴社の事業内容・ビジネスモデルをヒアリングし、「何を売りたいのか」「誰に売りたいのか」を徹底的に分析調査。その上で、ターゲット層を惹きつける「見出し」と「説明文」を専門のコピーライターが制作します。

詳しくは次のコラムでご説明いたします。
「見出し」のちょっとした違いでクリック率が激変!?

ページの先頭へ